新着情報

2024/06/01 萩たまげなす出荷始まりました!
~萩たまげなすの出荷が始まりました!~

いつも「まるごとながと」をご利用いただきましてありがとうございます。
今年も長門の伝統野菜「萩たまげなす」の出荷が始まりました!
「萩たまげなす」の品種名は田屋なすで、初めて見る人は普通ナスの3~4本分も
あろうかというその大きさに「たまげる」(びっくりする)という方言から、
名づけられた「萩たまげなす」。500gという基準を超えた大きさのなすのみ
「萩たまげなす」と呼ばれ1株から3本~5本しか採れない貴重なナスでもあります。
田屋なすは、元々は長門市仙崎田屋地区で栽培されていたもので、昭和50年代に
萩市に種が渡り徐々に広まり現在は萩市と長門市で栽培されています。

 [甘みが強く、とろりと柔らかい!一度食べると病みつきになる深い味わい!]
普通のなすと比べ、皮が薄く、果肉は非常にやわらかく、甘みが強いのが特徴です。
熱を通すと、ペクチンが溶けだしトロっとした食感に変わります。一度食べると、
このとろとろ食感と甘みがやみつきになります!
紫紺色のなすの皮に含まれるポリフェノール「ナスニン」には、強い抗酸作用があります。
血流改善や動脈硬化予防、がん予防、老化予防、美肌効果、便秘改善、疲れ目解消など、
様々な効果があるとされています。

お届け期間は6月16日までの予定となっております。
伝統野菜「萩たまげなす」を、この機会に是非お求めください!!



★ご購入はこちらから
[萩たまげなす2本]
 https://www.nagato-ec.net/products/detail/346
[萩たまげなす3本]
 https://www.nagato-ec.net/products/detail/348
詳しくはこちら